中性脂肪を下げる

中性脂肪を予防するには?

中性脂肪が高くならないための予防は、生活習慣病の予防に繋がります。いつまでも元気に生活していけるよう、日常のちょっとした心がけでできる予防法を紹介します。

 

中性脂肪蓄積を予防するには?

ご飯は腹八分を心がける

お腹いっぱいになるまで食べると、余分なエネルギーを摂取していることになりますから、中性脂肪はどんどん蓄積されてしまいます。
ゆっくり時間をかけてよく噛んで食べていると、そろそろお腹いっぱいになるかな?というタイミングが分かってきます。
ですが、早食いしてしまうと満腹中枢の働きが狂ってしまい、食べ過ぎてしまうので要注意です。
食事中に、時折箸を置き、ひと休みすることもゆっくり食べることに繋がりますので、お勧めです。

アルコールを摂りすぎない

適度なアルコールですと、健康上の問題もありませんが、深酒が習慣になっている方は、中性脂肪の蓄積が進んでいるかもしれません。
また、アルコールと一緒に、からあげなどの脂っこいおつまみを好む方も注意してください。
どちらも中性脂肪の蓄積を促してしまう原因になってしまいます。
目安として、ビールなら大瓶1本まで、日本酒は1合まで、ワインは2杯までが基準です。
それ以上は控えるようにしましょう。

適度な運動をする

運動といってもジムに行って本格的にやる必要はありません。
まずはちょっとウォーキングからでも十分OK。
大切なことは続けること。
何でもそうですが、習慣を作るまでの期間は少し大変であって、後は運動が習慣化すると楽しんで取り組むことができます。
まずは3日、1週間、1ヶ月と少しずつ目標期間を伸ばしていって、運動習慣を身につけていきましょう。

夜間の食事は控える

昼間に活動している方は、夜間はそれほど体を使う用事はありませんよね。ですから、摂取カロリーが少なくても問題ありません。夕ご飯にいつも脂っこい食べ物ばかりを食べてしまう方は、和食で野菜中心に切り替えてみてください。和食というだけで、カロリーを抑えることができます。
肉よりも魚を選び、野菜で満腹感を感じるようになれば、中性脂肪の蓄積を予防することができます。

 

 

▼管理人おすすめの中性脂肪対策サプリ▼

 

きなり ←1日分66円

きなりはナンキョクオキアミから抽出したDHAとEPA、そしてナットウキナーゼを配合した中性脂肪サプリメントです。きなりに含まれる成分、DHA、EPA、ナットウキナーゼには、ダイエット効果と生活習慣病を予防する効果があり、DHAとEPAには「血圧を低くし、中性脂肪を減らし、悪玉コレステロールを退治する効果があります。
特に中性脂肪を減らしたい人や健康診断が不安だという方、ダイエットに成功したい方、生活習慣病を予防したい方にはぜひ、お勧めしたいサプリメントです。
当サイトからの定期コースで申し込むと、初回1980円の特別価格で申し込めます。

 

DHAサプリメント【きなり】の公式サイトへ

詳細記事へ⇒ 中性脂肪を減らす「きなり」
レビュー記事へ⇒ きなりを実践レビュー