中性脂肪を下げる

中性脂肪とがんの関係

運動不足・飲酒・肥満。この3つの要素が重なり合うと、大腸がんのリスクが高くなるといわれています。してもうひとつ、高トリグリセリド血症も心配されます。高トリグリセリド血症というのは、中性脂肪値が高い状態(基準値を超える150mg/dl以上を指します)で起こる高脂血症の一種となっています。

 

中性脂肪とがんの関係

血液中の中性脂肪値の濃度が高くなると、大腸腺腫(大腸ポリープなどに多い)ができやすくなるといわれています。この大腸腺腫というのは、必ずしも悪性の腫瘍ではありません。ですが、がんになってしまうケースも報告されていることから、発がん性のある腫瘍なのです。
がん予防・検診研究センターで行った、中性脂肪と大腸腺腫の関連性の研究によると、中性脂肪が高い方の大腸腺腫のリスクはそうでない方の1.5倍になることが分かったのです。そして中性脂肪が高いに加えて喫煙している方ですと、更に大腸腺腫のリスクが高まることも分かっています。
つまり、中性脂肪値が高いと診断されて喫煙者である場合は、大腸がんになる可能性が健康な人よりも高くなってしまうということです。大腸がんを予防するには、喫煙を控えたり、中性脂肪を下げるための生活を送ることももちろん大切ですが、やはり定期的な大腸がん検診も重要です。
がんは、誰にでも可能性のある病気ですが、早期発見で完治できます。また、ポリープが見つかった場合も早めに切除しておくことで、がんの予防に繋がります。

 

 

▼管理人おすすめの中性脂肪対策サプリ▼

 

きなり ←1日分66円

きなりはナンキョクオキアミから抽出したDHAとEPA、そしてナットウキナーゼを配合した中性脂肪サプリメントです。きなりに含まれる成分、DHA、EPA、ナットウキナーゼには、ダイエット効果と生活習慣病を予防する効果があり、DHAとEPAには「血圧を低くし、中性脂肪を減らし、悪玉コレステロールを退治する効果があります。
特に中性脂肪を減らしたい人や健康診断が不安だという方、ダイエットに成功したい方、生活習慣病を予防したい方にはぜひ、お勧めしたいサプリメントです。
当サイトからの定期コースで申し込むと、初回1980円の特別価格で申し込めます。

 

DHAサプリメント【きなり】の公式サイトへ

レビュー記事へ⇒ きなりを実践レビュー
詳細記事へ⇒ 中性脂肪を減らす「きなり」