中性脂肪を下げる

中性脂肪とアルコールの関係

意外と思われるかもしれませんが、アルコール分の過剰摂取は、中性脂肪の増加を招いてしまう可能性が高くなります。脂っこい食べ物はそんなに食べていないのに、中性脂肪が高いといわれた方は、日ごろお酒を飲みすぎているためにそのような結果になったかもしれません。

 

中性脂肪とアルコールの関係

アルコールを体内に取り入れると、肝臓に運ばれそこで分解・代謝され体外に出ていきます。体外に出ていくのなら問題ないのでは?と思うかもしれませんが、実はこの分解・代謝をする中で中性脂肪が合成されているのです。ここで作られた中性脂肪は丸1日くらいの時間をかけてゆっくり、各器官などに運ばれていきます。ですから、日常的にアルコールを過剰摂取してしまうと、肝臓への負担が大きくなり、アルコールの分解・代謝はもちろん、中性脂肪の運搬も滞ってしまうのです。
本来、アルコールは適度に摂取していれば、血行が良くなりますので健康に良い作用もある飲み物です。ですが、その摂取量やおつまみの摂り過ぎで、一転してアルコールが害になってしまうのです。
もしも、飲みたいだけのんで体のことを考えない日々を長く過ごしていたとしたら、かなりの確率で肝障害を引き起こすことになります。中性脂肪の蓄積も生活習慣病になる主要因ですから、若いから大丈夫だろう、自分は健康だから問題ないなんて思ってはいけません。休肝日を設けつつ、1回の摂取量にも気を配って、お酒と楽しく付き合っていきましょう!

 

 

アルコールをよく飲む方は
アルコールの摂取量を減らす

アルコールを日常的によく飲む方で、中性脂肪が高いという方は、やはり量を減らすのが一番重要です。

脂質の多いものは避ける

アルコールと同時に焼き鳥やラーメンなどの脂質の多いものを取ることが多いかと思います。これはカロリーの摂りすぎはもちろん、塩分、脂質などを過剰に摂取することにもつながりますので、アルコールと同時にためる食事にも気をつける必要があります。

サプリメントを併用する

仕事や付き合いでどうしてもアルコールを減らせないという方もおおいかと思います。そういう方には、サプリメントを飲むことをお勧めいたします。
肝臓の数値がどうもよくないという人には、タウリンなど、肝臓にいい成分の含まれたサプリメントがありますし、中性脂肪が高い人には、EPA・DHAのサプリメントが効果が高いというデータがあります。

 

 

▼管理人おすすめの中性脂肪対策サプリ▼

 

きなり ←1日分66円

きなりはナンキョクオキアミから抽出したDHAとEPA、そしてナットウキナーゼを配合した中性脂肪サプリメントです。きなりに含まれる成分、DHA、EPA、ナットウキナーゼには、ダイエット効果と生活習慣病を予防する効果があり、DHAとEPAには「血圧を低くし、中性脂肪を減らし、悪玉コレステロールを退治する効果があります。
特に中性脂肪を減らしたい人や健康診断が不安だという方、ダイエットに成功したい方、生活習慣病を予防したい方にはぜひ、お勧めしたいサプリメントです。
当サイトからの定期コースで申し込むと、初回1980円の特別価格で申し込めます。

 

DHAサプリメント【きなり】の公式サイトへ

レビュー記事へ⇒ きなりを実践レビュー
詳細記事へ⇒ 中性脂肪を減らす「きなり」